商品情報

エアーステーション(AirStation)の特徴

エアーステーション(AS100)

コンプレッサーメーカーの意地にかけて、丈夫な空気入れを作りました。

私たちNIKKENは、国産コンプレッサーメーカーとして、長年エアーコンプレッサーの開発・製造をおこなってきました。空気入れの心臓であるコンプレッサーの丈夫さ、壊れにくさには高い信頼をいただいています。

「設置はしたけど、よく壊れて使いにくい」・・・そのような声をいただいたことはありません。
日々のメンテナンス不要、安定した稼働をお約束します。

自社設計・製造だから、低価格。

すべて自社で設計・製造しているから、コストをぐっと下げてご提供することが可能になっています。

直接的な効果が見えにくい無料サービス型の電動空気入れだから、設置もメンテナンスもコストを抑えたい。そういったお客様の声にお応えいたします。

部品交換も簡単な安心設計。

タイヤに繋ぐ口金用ゴムパッキンやホース、そしてコンプレッサーまでもが簡単に取り換え可能です。

そのため、修理時にエアステーション自体を送る手間や面倒はかかりません!

※故障や事故等で破損して使用不能になった場合でもご安心ください。機器をお送りして頂く必要はありますが、きちんと修理対応・サポートさせていただきます。

  • 省スペースでOK
  • 簡単な部品交換
  • 電気代は約350円
  • 広告媒体として使用可能

誰でも簡単、1・2・3で空気が入る

取る!つける!押す!

1. タイヤのバルブの黒いキャップを外します。
2. エアーステーションの金具を、タイヤのバルブにセットします。
3. エアーステーションのボタンを押せば空気が入ります!

ボタンを離すと、空気が止まります。
タイヤを強く押してみて、ちょっとへこむくらいで空気入れ完了となります。
まだ足りないかな?と思ったら、少しずつボタンを押してちょうどよいところまで空気をいれてください。

こんな目的で設置されています

設置事例1

駅や各種店舗駐輪場の利用者サービスの一環として。

設置事例2

社員用の駐輪場に。安全な通勤のために設置。

設置事例3

広告媒体のひとつとして。

設置事例4

店舗に設置。近隣の方々が自由に使える空気入れとして活用。

設置事例5

入口付近に設置し、迷惑な駐輪を予防。

設置事例6

少し離れた第2駐輪場に設置。駐輪台数を均等に。

設置事例一覧

エアーステーション(AirStation)詳細スペック

エアーステーション(AS100・AS300
製品名 エアーステーション
AS-100A
エアーステーション
AS-300A
電源 100V 50Hz/60Hz(対応)
消費電力 100W
連続使用時間 約15分
注入速度 約5~10秒(0.3MPa→0.5MPa)
最高空気圧 0.5MPa
重量 本体:約19kg
オプション:約4.5kg
本体:約17kg
オプション:約3kg
エアーホース長 5メートル
寸法 こちらをご覧ください こちらをご覧ください
商品パンフレット カラーバリエーション
エアーステーション(AS200・AS400)
製品名 エアーステーション
AS-200A
エアーステーション
AS-400A
電源 100V 50Hz/60Hz(対応)
消費電力 100W
連続使用時間 約15分
注入速度 約5~10秒(0.3MPa→0.5MPa)
最高空気圧 0.5MPa
重量 本体:約16kg
オプション:約4.5kg
本体:約14kg
オプション:約3kg
エアーホース長 5メートル
寸法 こちらをご覧ください こちらをご覧ください
商品パンフレット カラーバリエーション
  • 料金体系
  • 設置までの流れ・Q&A
  • 販売代理店募集
お問い合わせはこちら
ページトップへ