油水分離 油水分離で、産廃処理費用を削減します

油水分離装置のことならNIKKENへ

工場やごみ焼却場からの排水処理には、多大な費用が掛かります。 私たちは今まで積み重ねてきたノウハウを基にした油水分離の技術で、お客様の産廃処理費用を削減いたします。産業排水の処理装置のことでお困りなら、日建の油水分離技術にお任せ下さい。オーダーメイドやカスタマイズの対応も可能です。

油水分離とは

油水分離とは、油と水が混ざり合った液体を分離装置にかけて分離させることを言い、工場排水の処理には欠かせない工程です。油水分離には「エマルジョン分離」と「油水分離」の大きく分けて2種類あります。エマルジョン=乳化油を意味し、油と水が完全に混ざり合っている状態を指します。

日建がご提案している油水分離装置とは「エマルジョン分離装置」で、この状態を分離させることで、容量が多い産業排水の処理費用を削減いたします。

油水分離装置システムの特徴

1.水中でエマルジョン形成している油分を、薬品添加などを行わずに確実に処理できます

油水分離装置は、薬品を使用せずに乳化した油分を分離できるので、スラッジ(汚泥)が出ません。

2.廃油投棄や化学処理に比べ、コストがかかりません

油水分離装置を設置した方が、運転コストが低くなります。油水分離装置を設置された企業様で、薬品処理費用が12,000円/日から4,500円/日に減少した事例もあります。

3.SSに強く、スポンジボールによる物理洗浄が可能です

弊社の油水分離装置は、高い透過率、低い目詰まり、高濃縮率が得られるのが特徴です。

4.耐薬性が高く、処理対象液・洗浄方法を幅広く選択できます

槽はpH0.5〜13、0〜95℃に耐えられ、耐溶剤性、耐酸化剤性も非常に高くなっています。その分、処理対象液や洗浄方法の選択の幅が広くなります。

弊社では、これまで多くの油水分離に関するお悩みを解決してまいりました。こちらでは、一部の油水分離装置の導入事例をご紹介しております。また、掲載されていないお悩みでも、お気軽にご相談ください。

油水分離装置の動画を公開中!

乳化した油水を分離している様子を動画でご紹介いたします。

油水分離装置のスペック

油水分離装置のスペック

製品特徴

  • 吸着剤・薬品を使用せずに、乳化した油分を確実に分離濃縮できます。
  • 含油廃液から清浄な透過液を取り出し、廃液量を1/10〜1/20まで濃縮減量できます。
  • 分離濃縮することで大幅な産廃費の削減に繋がります。
  • 透過液は回収して再利用することができるので、環境に優しく経済的です。
  • 膜の洗浄が可能で、ロングライフなご使用ができます。
  • 他方式と比べて、イニシャルコスト・ランニングコストが共に安価です。
  • 全自動運転で誰でも簡単に操作ができます。

用途

洗浄廃水、切削廃水、研磨廃水、コンプレッサードレン廃水、洗車廃水、高周波クーラント廃液、ダイカスト廃水、圧延クーラント廃水、その他

型式
NKSE-0.9 NKSE-1.8 NKSE-2.7 NKSE-3.6 NKSE-4.5 NKSE-5.4
※透過水量(L/hr) 25 50 75 100 125 150
モジュール数 1本 2本 3本 4本 5本 6本
電源・電圧 3相 200V 50/60 Hz
外形寸法 W1520×D650×H1800 W1840×D730×H1800 W1940×D830×H1800
重量 (空水時) 180 220 280 320 380 420

※上記以外の、大型プラント設計・製作も対応可能です。

カタログダウンロード 導入事例

※カタログデータのサイズが175Mのため閲覧に時間がかかる場合がございます。
カタログは郵送でお送りすることも可能ですので、その際はお気軽にご連絡ください。

油水分離装置システムの仕組み

NIKKENの油水分離装置は、一種の透過膜分離方法で圧力を用いた透過作用原理に基づいています。
この原理は、水溶性の含油廃水を、多孔性ファイバーの内面に密着された限外ろ過膜に通過させることで、油を取り除くというものです。(第1図参照)

油水分離装置の仕組み

乳化された油や、固形物、金属粉、廃油分などはチューブ内に残り、原液タンクに戻されます。原液は水の透過にしたがって濃縮されます。排出される水はオイルフリーで、固形分は含んでいません。

油水分離装置の仕組み

その結果、洗浄された良質な処理水を生成できます。

洗浄廃液、切削廃液

こちらでは、油水分離装置の導入事例の一部をご紹介しております。また、掲載されていない油水分離装置システムに関するご要望、ご質問でもお気軽にご相談ください。

油水ろ過のお試し無償サービス開始!

エマルジョン化した油水をご提供いただき、弊社の油水分離装置を使用してろ過テストを無償で行うサービスを開始いたしました。

産廃・排水処理費用削減をお考えの方や、油水分離装置導入をお考えの方に、まずは弊社製品のろ過精度をお試しいただけるよう、無償にてろ過テストを行います。
ろ過テストの結果を踏まえて、分離後の水質やコスト削減の具体策など、ご要望に合ったご提案をさせていただきます。
ぜひこの機会に、油水ろ過のお試し無償サービスをご利用下さい。

油水ろ過お試しサービス詳細

・費用
無償で対応いたします。しかし、水質によっては有償対応となる場合もございますので、予めご了承下さい。(油分過多の水質の場合、薬品の使用が必要な場合があります。有償の場合は、事前にご連絡いたします。)

・検査期間
原水をお送りいただいてから、約1週間でろ過後の最終処理水をご提出いたします。

・ご依頼からテスト完了までの流れ
1.エマルジョン化した原水を、弊社にお送りいただきます。
2.弊社の油水分離装置(デモ機)にてろ過処理を行います。
3.ろ過後の最終処理水をご提出いたします。ご要望に応じて、ろ過精度やコストに関するご相談にお応えいたします。

油水分離をはじめ、水処理のことならNIKKENにご相談下さい

油水分離をはじめ、水処理のことならNIKKENにご相談下さい

油水分離装置は、乳化した油分を薬剤を使用せず分離でき、大幅な産廃処理費用の削減に繋がります。
ご不明なことや、導入の検討にあたって不安な点などがありましたら、どんなことでもご相談下さい。NIKKENが素早くお応えいたします。

お問い合わせはこちら